青島日読

大人の科学マガジンVol.03 ふろくのピンホールカメラを片手に、肩に三脚を担いで、季節を追いかけています。

透かし紫陽花

f:id:aoshima:20090602094339j:image
2006/06/19
ピンホール 広角/ ISO100 / FUJI SUPERIA / カラーフィルム / 2秒
シーパラダイスタワーと紫陽花を同じ画面に入れてみよう、という実験の一枚。

シーパラダイスタワーが頂点に届いた瞬間を狙って撮影しなくてはと、この場所で待機。
いつ動き出すか、ここからでは確認できない。15分後なのか、30分後なのか、運転のブザーがいつ鳴るかは分からない。蒸し暑い中、撮影のチャンスをジリジリと待っていた。

同じ構図で数枚撮影してみたものの、この一枚以外は、帽子を目深にかぶった私が画面に入り込んでいるのだった。うっかり。そしてがっかり。