青島日読

大人の科学マガジンVol.03 ふろくのピンホールカメラを片手に、肩に三脚を担いで、季節を追いかけています。

八景島シーパラダイス

f:id:aoshima:20140625134213j:plain:w600
2006/09/09
ピンホール 広角 / ISO100 / FUJI SUPERIA / カラーフィルム / 2秒
ココはどこでしょうか?(初級)

答え:メリーゴーラウンド

f:id:aoshima:20140625134227j:plain:w600
2006/09/09
ピンホール 広角 / ISO100 / FUJI SUPERIA / カラーフィルム / 2秒
ココはどこでしょうか?(中級)

答え:ドランケン・バレル

f:id:aoshima:20140625135338j:plain:w600
2006/09/09
ピンホール 広角 / ISO100 / FUJI SUPERIA / カラーフィルム / 2秒
ココはどこでしょうか?(超上級)

答え:レッドバロン

Pinhole Camera

2006/09/07に作ったピンホールカメラ「ラッキー号」を持って、八景島シーパラダイスへ。

カメラを固定するゴムも水平器も忘れてきてしまい、撮影に悪戦苦闘。バッグの中でファインダーが取れてしまったけれど、使う事もないので外したママにしておく。
キャップを外して露光する「大人の科学マガジンVol.03」ふろくのピンホールカメラと比べると、格段に楽。しかし、三脚穴がないのはマイナス。フィルムの巻き取りもなんとなく頼りない。現像するまで不安だ。