読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青島日読

大人の科学マガジンVol.03 ふろくのピンホールカメラを片手に、肩に三脚を担いで、季節を追いかけています。

元町 厳島神社

f:id:aoshima:20091124102423j:image
2008/09/10
ピンホール 広角 / ISO100 / FUJICOLOR 100 / カラーフィルム / 2秒
元町仲通りを歩いていると、山側の路地の向こうに赤い鳥居が見えた。横浜元町の鎮守「厳島神社」だ。

当神社は、今から約700年以前より元横浜村州干島に鎮座していました清水弁天、州干弁天を、元禄年間に分祀し、元町一丁目の増徳院仮殿に御神体を奉安していました。しかし、明治維新の神仏混淆の禁止により増徳院から分離し、厳島神社(いつくしまじんじゃ)として元町一丁目十五番地に社殿を造営、元町の鎮守様となりました。
元町厳島神社縁起

時を同じくして、元横浜村洲干島の弁天様は羽衣町にも移されたらしい。「羽衣町 厳島神社(横浜弁天)」があるのだ。機会があれば、コチラも撮影してみようと思う。

大きな地図で見る
ストリートビューで見るとこんなカンジ。

より大きな地図で 元町 厳島神社 を表示
鳥居の向こうに境内。ブランコや滑り台、そして公民館がある。穏やかで静かな場所だ。

関連記事