青島日読

大人の科学マガジンVol.03 ふろくのピンホールカメラを片手に、肩に三脚を担いで、季節を追いかけています。

Bronze Torii gate

f:id:aoshima:20160530155313j:plain:w600
2016/04/24
ピンホール 広角 / ISO100 / FUJICOLOR 100 / カラーフィルム / 10秒
2016年04月24日は世界ピンホール写真デー
今年は江の島で撮影してみたヨ。あいにくの曇り空だケド、雨が降らなかっただけでもよしとしましょう。

青銅の鳥居を前にピンホールカメラのキャップを外した瞬間、とつぜん背後から強い風がさっと吹き抜けた。その写真を現像してみると・・・鳥居をくぐりぬける荒ぶる龍の姿が!!

ウソウソ。んなワケない。

三脚を立ててピンホールカメラのキャップを外した直後、この右手側にある駐車場からワゴン車が出てきた。カラーコーンを並べ直したのち、方向変換して走り去って行った。只々呆然である。
「ああ、この写真は『失敗写真の墓場』行きだワ」とガッカリしたけれど、現像してみたら予想外のおもしろい画になっていた。早朝+曇り空だったからこその奇跡!

ちなみにコチラ(↓)はワゴン車が通り過ぎた後にチョット下がって、青銅の鳥居を撮り直したバージョン。
f:id:aoshima:20170530080607j:plain:w600
2016/04/24
ピンホール 広角 / ISO100 / FUJICOLOR 100 / カラーフィルム / 10秒
イチバン重要な『ようこそ 江の島へ』が写っていないので、コチラの方が『失敗写真の墓場』行きである。あーあ。