読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青島日読

大人の科学マガジンVol.03 ふろくのピンホールカメラを片手に、肩に三脚を担いで、季節を追いかけています。

深緑に瞬く椿色

f:id:aoshima:20110428075350j:image
2011/04/05
ピンホール 広角 / ISO100 / FUJICOLOR 100 / カラーフィルム / 2秒
称名寺の境内は五分咲き、ほがらか桜色。そんな中、木陰でひっそりと咲く椿の花。蕾の色も深い緑に映える鮮やかさ。銀河のようだネ。


称名寺の門の前にお知らせの看板が置かれていた。
f:id:aoshima:20110503094022j:image

ーお知らせー
本年より、除夜の鐘つきは、中止いたします
金澤八景『称名晩鐘』は、710年の経過と共に、老朽化が進み、
今後は国の重要文化財保護の為、現状保存致します。
 ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。
平成二十三年一月 金澤山 称名寺

称名寺の荘厳な鐘の音が響くコトはもう無いのだろうか。
関東大震災をのりこえた710年の鐘の音が消えてしまうのは惜しい気もする。しかし、大晦日だけとはいえ100回以上連打されるのも鐘にとってはタイヘンだったのカシラ。ああ、一度鐘をついてみたかった。